pagetop

子供の肌トラブルなぜ多い?
どう対処する?

文章:飯島 考子(All About「湿疹・皮膚炎」旧ガイド)


写真

子供の肌はデリケートで、ちょっとしたことでトラブルが生じます。子供の肌のトラブルを解決するためには、まずはその皮膚の特徴を知ることが大切です。今回は、子供によくみられるトラブルおよびその解決法をご紹介します。

子どもの肌の特徴

イラスト

私たちの体を覆っている皮膚には、外部の刺激から体を守る「バリア機能」があります。右のイラストをご覧ください。皮膚のもっとも外側にあり、外部とふれあっている角質層が、「バリア機能」の重要な役割を担っています。しかし角質層の厚みは大人でも約0.02mm、子供はその半分くらいしかありません。

また角質層の表面は、皮膚を乾燥や刺激から守る皮脂でコーティングされていますが、子供の場合は成長の時期によって、以下のように皮脂の分泌量が変化します。

新生児期(生後から4週間まで)

皮脂の分泌にかかわる内分泌機構は未熟ですが、母体から受け取った物質の働きで一時的に皮脂の分泌量が増えます。

乳児期(生後4週間から1年まで)

生後2~3カ月を過ぎると皮脂の分泌量が減ってきます。

幼児期(生後1年から6年まで)

皮脂の分泌量が生涯でもっとも少なくなる時期です。

学童期(生後6年から12年まで)

思春期の変化が起こりはじめると、皮脂の分泌が活発になります。

このように、子供の肌は角質層が薄く、また皮脂の分泌量が不安定なために「バリア機能」がまだ安定しておらず、ちょっとしたことで湿疹・皮膚炎が生じたり、細菌やウイルスに感染するなど、トラブルが起こりやすい特徴をもっています。また、子供は個人差が大きいので、一人ひとりの皮膚の状態をよく観察することが大切です。

続きはこちら

子供によくみられる肌のトラブル

薬局で相談にあたっていると、乳児期や幼児期では脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)やあせも、おむつかぶれ、幼児期以降では外に出歩くことも増え、とびひや水イボなどの感染症、日焼けなどのトラブルが多いことがわかります。また、幼児期には皮脂の分泌量が減ることから、乾燥肌でのご相談も多く寄せられます。

ここで、子供によくみられる肌のトラブルについてご紹介していきましょう。

  • 脂漏性皮膚炎
  • あせも(汗疹)
  • おむつかぶれ
  • 洗剤などによるかぶれ
  • 乾燥肌、小児乾燥性湿疹
  • とびひ(伝染性膿痂疹)
  • 水イボ(伝染性軟属腫)
  • 日焼け(日光皮膚炎)
  • アトピー性皮膚炎

(1)脂漏性皮膚炎

皮脂の分泌が多い脂漏部位(髪の生え際、まゆ、鼻のわきなど)にできる、カサカサした湿疹です。新生児期から生後2カ月くらいの時期によく起こりますが、皮脂の分泌が活発になる思春期以降にも多くみられます。

皮膚が赤くなってかゆみを生じ、頭皮や髪の生え際、まゆのところにフケが出ます。ひどくなると皮脂が固まってかさぶたのようになることもあります。悪化させないためには肌を清潔にし、かさぶたを引っかかないように爪を切っておきましょう

(2)あせも(汗疹)(かんしん)

アカや汚れのために汗が汗腺の出口に詰まり、皮膚の中にたまることで炎症を起こします。白っぽい水ぶくれができる場合と、赤い小さな発疹ができてかゆみやヒリヒリした感じがする場合があります。吸湿性の高い肌着を着せ、たくさん汗をかいたらシャワーで洗い流すなどしましょう。

(3)おむつかぶれ

尿や便、おむつの摩擦によるかぶれ(一次刺激性接触皮膚炎)で、おむつをしている部分が赤くなり、小さな発疹ができます。
「皮膚カンジダ症」という真菌(カビ)感染症と症状が似ているので、病院を受診してきちんと見分けてから治療を始めるようにしたほうがよいでしょう。おむつかぶれができたら、おむつの交換をまめに行い、お尻の皮膚を清潔に保ちましょう。

(4)洗剤などによるかぶれ

洗剤、柔軟剤、手洗い用や全身用のボディーソープなどが原因で、かぶれ(一次刺激性接触皮膚炎)を起こすことがあります。合成洗剤は低価格で汚れが落ちやすいのが利点ですが、洗濯後に衣類に残ると、汗で洗剤の成分が溶け出して刺激となり、炎症を起すことがあります。洗剤などを無添加のものに変え、衣類はよくすすぐようにしましょう。

(5)乾燥肌、小児乾燥性湿疹

皮脂の分泌量が減って乾燥しやすくなる幼児期や学童期には、乾燥肌になりがちです。乾燥肌はかゆみが生じやすく、かいた刺激で炎症が起き、小児乾燥性湿疹となります。爪を切ってなるべくかかないように気をつけさせましょう。また、保湿剤でスキンケアをすることも効果的です。

子供の肌のトラブルはまだまだあります。

(6)とびひ(伝染性膿痂疹)(でんせんせいのうかしん)

ブドウ球菌、連鎖球菌などによる皮膚感染症のひとつです。湿疹やあせも、虫刺されなどで傷がついたところにこれらの細菌が感染し、増殖して起こります。かゆみを伴う水ぶくれやかさぶたができ、この部分を爪などで引っかくと、他の場所にも「飛び火」のように広がっていくのが特徴です。そのため「とびひ」と呼ばれます。とびひの場合には、感染症の治療がベースとなります。抗生物質外用剤も使えますが、通常は抗生物質の内服による治療が行われるので、まずは皮膚科や小児科を受診しましょう。

(7)水イボ(伝染性軟属腫)(でんせんせいなんぞくしゅ)

伝染性軟属腫ウイルスの感染によるイボ(良性の皮膚腫瘍)です。粟粒からエンドウ豆くらいの大きさで、色は淡い赤色から淡い褐色、中央がへこんだ半球形で弾力のあるのが特徴です。

イボの中にあるゼリー状のものにウイルスが含まれており、引っかくなどしてウイルスに触れると感染します。水イボは、湿疹のある子供やアトピー素因(アレルギーを起こしやすい体質)をもつ子供に多くみられます。専用のピンセットでイボを取り除いて治療するので、まずは皮膚科や小児科を受診しましょう。

(8)日焼け(日光皮膚炎)

紫外線によって引き起こされる皮膚炎で、中波長紫外線(UVB)が原因です。日光に当たったあとには皮膚が赤くなり、ヒリヒリしますが、ひどいときは水ぶくれができて灼熱感や痛みを感じます。水ぶくれがやぶれると、そこから細菌が感染するおそれもあるので、早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

水ぶくれができていなければ、赤くなっているところを冷やし、ローションやワセリンなどで保湿を。全身が脱水気味になっていることもあるので、水分を十分に飲ませるようにしましょう。紫外線量が多い時期(5~9月)は、帽子や日焼け止めなど紫外線対策をしっかり行いましょう。

(9)アトピー性皮膚炎

子供は成長に伴って皮膚の状態が変化し、大人と違って判断が難しいため、「アトピーかもしれない」と思ったら皮膚科の医師に相談しましょう。

子供の肌の対処法

子供の肌トラブルの対処法としては、まずは症状に合った塗り薬を選ぶことが大切です。皮膚の赤みが増して発疹ができるなど、炎症が進んでいる場合はステロイド外用剤での治療をおすすめします。ただ、子供にステロイド外用剤を用いる場合には、年齢に合ったタイプのものを選ぶことが大切です。なぜなら、すでに述べたように子供の角質層は薄く、「バリア機能」がしっかりとしていません。そのため薬の吸収率が大人よりもよいのです。

子供に対しては、ステロイドの5つのランクの中でも次のような目安でステロイド外用剤を選びます。

赤ちゃん(新生児、乳児)や幼児では、weakやmediumタイプでも大人にstrongタイプを使ったときと同じくらいの効果が期待できます。小学生(学童)以上の子供は大人と同じstrongタイプが適切なランクです。ステロイド外用剤は、1週間以内・子供の手のひら5枚分以内の範囲で使用するようにしましょう。

炎症が軽くかゆみや皮膚の赤みが少しみられる程度なら、非ステロイド剤のかゆみ止めで様子をみてもよいでしょう。

薬局で子供のための薬を購入する際には、子供の肌の状態を正しく理解してもらうためにも、薬剤師に子供の年齢を伝えて、症状を詳しく説明するようにしましょう。

Copyright(c) All About, Inc. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。