HOME > 『コートf AT・MD』の特長

「コートf AT 軟膏/クリーム」の特長

我慢できないかゆみ、湿疹、かぶれに

炎症を抑える + かゆみを抑える

子どもはかゆみを我慢できずついかいてしまい、皮膚の炎症を悪化させてしまいます。
炎症をしっかり抑えるPVAとかゆみを抑えるリドカインを配合。
お子さまのかゆい湿疹・皮膚炎におすすめです。

我慢できないかゆみに

子どもの虫さされ、かぶれに

炎症の悪化サイクルを断ち切る。

子どもはかゆみを我慢できず、ついかいてしまい患部を悪化させてしまうこともあるので、すみやかに悪化サイクルを断ち切りましょう。

「コートf AT軟膏・クリーム」は、炎症を抑えるアンテドラッグの外用ステロイド「PVA(プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル)」とかゆみや痛みを感じる神経をすばやくブロックする局所麻酔剤「リドカイン」を配合し、炎症の悪化サイクルを断ち切ります。

●アンテドラッグとは?
患部で作用を発揮した後、体内に吸収されると作用の弱い物質に分解される特長をもった薬剤を指します。

外用ステロイドの強さのランクについて
外用ステロイドを配合したコートfシリーズには抗炎症作用の強さと有効成分の種類に違いのある2種の製品があります。
「コートf AT軟膏・クリーム」に配合の外用ステロイド・プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)は中程度になります。

患部についた細菌などを殺菌する「イソプロピルメチルフェノール」を配合。

皮膚炎・かぶれなどの患部では、皮膚のバリア機能が低下しているため、より感染しやすくなり、症状が悪化することもあります。「コートf AT軟膏・クリーム」は、殺菌作用のある「イソプロピルメチルフェノール」を配合し、患部についた細菌などを殺菌します。
*化膿している患部には使用しないでください。

症状の回復を早める「トコフェロール酢酸エステル」を配合。

患部の血行を促進し、代謝を高める「トコフェロール酢酸エステル」を配合。症状の回復を早めます。

患部の部位や状態によって選べる2タイプの基剤。

刺激が少なく、患部を保護する軟膏基剤と、ベタつかず使用感がよく、患部に塗りやすいクリーム基剤との2タイプをラインナップしています。
患部の状態に合わせてお選びいただけます。

●おすすめする疾患や症状

「コートf AT軟膏・クリーム」は、かゆみを我慢できない子どもの次のような症状におすすめします。

我慢できないかゆみに

子どもの虫さされ、かぶれに