HOME > 『コートf AT・MD』の特長

「コートf MD 軟膏」の特長

かぶれ、あせも、かゆみに

炎症を抑える + かゆみを抑える

赤ちゃんの皮膚は薄くてデリケート。
薬剤がよく浸透しますので、やさしい外用ステロイドでも充分に炎症を抑えることができます。
赤ちゃんの湿疹はすみやかに、治してあげましょう。

赤ちゃんの皮膚炎・かぶれ

小さなお子さまのあせも、しもやけに

効き目がやさしい外用ステロイドで、かぶれ・あせもなどの炎症を抑えます。

角質層が未発達で皮脂分泌が少ない赤ちゃんは、皮膚のバリア機能が低く、薬剤が浸透しやすくなっていますので、作用がやさしい外用ステロイドでも充分な抗炎症作用が期待できます。

「コートf MD軟膏」は効き目がやさしい外用ステロイド「プレドニゾロン」を配合しており、また、香料、着色剤、防腐剤を添加していませんので、赤ちゃんのデリケートな皮膚に適しています。
さらに、抗炎症成分「グリチルレチン酸」も配合されていますので、「プレドニゾロン」とともにかぶれ、あせもなどの炎症を抑えます。

外用ステロイドの強さのランクについて
外用ステロイドを配合したコートfシリーズには抗炎症作用の強さと有効成分の種類に違いのある2種の製品があります。
「コートf MD軟膏」に配合の外用ステロイド・ブレドニゾロンは弱いタイプになります。

無香料、無着色、防腐剤フリーなので赤ちゃんのデリケートな皮膚に適した外用剤です。

「コートf MD軟膏」は防腐剤を使っておりません。さらに、無香料、無着色ですから、赤ちゃんの薄くて薬剤の浸透しやすい皮膚に適しています。

カサカサした患部にも、ジュクジュクした患部にも使用できる、のびのよい軟膏基剤です。

「コートf MD軟膏」は皮膚を保護し、刺激性の少ないワセリン主体の軟膏基剤ですので、乾燥した患部にも湿潤した患部にも使用することができます。

●おすすめする疾患や症状

「コートf MD軟膏」は、赤ちゃんの皮膚、また大人でも顔面や陰部など皮膚が薄い部位での次の疾患や症状におすすめします。

赤ちゃんの皮膚炎・かぶれ

小さなお子さまのあせも、しもやけに