pagetop

子どもや、赤ちゃんの赤み、かゆみ、ブツブツなど…皮膚炎・かぶれの原因は炎症です! 子どもや、赤ちゃんの赤み、かゆみ、ブツブツなど…皮膚炎・かぶれの原因は炎症です!

皮膚炎・かぶれなどの皮膚トラブルは、日光、植物、虫、ペット、汗、唾液、ちょっとした汚れなどの
外からの刺激と、体質などの内面的なことが影響し合って起こる、皮膚の「炎症」が原因です。

主に、赤み、腫れ、かゆみなどの症状が起こり、かき続けてしまうと症状が悪化してしまいます。
また、患部をかき壊してしまうと、治療期間が長引くだけでなく、治ってからもキズあとが残ることがあります。

とくに皮膚のバリア機能が未成熟な子どもや赤ちゃんは、大人よりも外部からの刺激を受けやすいため、皮膚トラブルを起こしやすい状態にあります。とくに皮膚のバリア機能が未成熟な子どもや赤ちゃんは、大人よりも外部からの刺激を受けやすいため、皮膚トラブルを起こしやすい状態にあります。

治療のポイントは、子ども・赤ちゃんの皮膚のバリア機能に合った効き目の薬でかゆみの原因である「炎症」を抑えて症状の悪化を防ぐこと 治療のポイントは、子ども・赤ちゃんの皮膚のバリア機能に合った効き目の薬でかゆみの原因である「炎症」を抑えて症状の悪化を防ぐこと

皮膚トラブルを早く治すには、充分な効き目の皮膚薬で「炎症」を抑えることが大切です。
「コートfAT軟膏・クリーム」「コートfMD軟膏」などのステロイド外用剤は、優れた抗炎症作用を持つため、炎症をすみやかに抑えて、かゆみなどの症状を鎮めることができます。

また、子どもや赤ちゃんの皮膚は、大人の皮膚に比べて薄く、塗った皮膚薬が浸透しやすく効果が強くなるため、子どもや赤ちゃんの皮膚に合った強さの成分の皮膚薬を選ぶことが大切です。

子どもや赤ちゃんの、かゆみや症状がぶり返さないように、充分な効き目のステロイド外用剤、「コートfAT軟膏・クリーム」「コートfMD軟膏」でイッキに治しましょう。

皮膚のバリア機能 外用ステロイドのランク(ウィーク・マイルド・ストロング) 年齢に合わせた効き目の皮膚薬を選びましょう皮膚のバリア機能 外用ステロイドのランク(ウィーク・マイルド・ストロング) 年齢に合わせた効き目の皮膚薬を選びましょう

外用ステロイドの 正しい使い方外用ステロイドの 正しい使い方

外用ステロイドの使い方や疑問にお答えします。

  • 外用ステロイドの正しい使い方外用ステロイドの正しい使い方
  • 年齢による外用ステロイドランク選択年齢による外用ステロイドランク選択
  • Q&AQ&A
  • Discovery channel 動画で理解する赤ちゃんと子どもの皮膚トラブルDiscovery channel 動画で理解する赤ちゃんと子どもの皮膚トラブル
  • セルフメディケーション 税制の詳しい内容はコチラセルフメディケーション 税制の詳しい内容はコチラ
ペートTOP